おっさんの役立つ独り言

世の中の役に立つ情報をおっさんの視点でお届けするサイト

おっさんの役立つ独り言
Pocket

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

2018年03月11日 [ 介護施設、食事、排泄、入浴 ]
Pocket

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

介護の基本は、

「食事」「排泄」「入浴」の3つ

と言われています。

この3つを正しい方法で、丁寧に行っている施設は

信頼がおけます。

スポンサーリンク

 

高齢になって身体の自由が徐々に

きかなくなってくると、

 

若い時には当り前に出来ていた

「食べる」「出す」「清める」という

生活動作の一つ一つに時間が掛かるようになり、

また失敗することも多くなります。

 

思うように食べられなくなり、

またトイレでの失敗が増えてくると、

それだけで生きる意欲が失われ、

身体の状態が落ちてゆく人も少なくありません。

 

だからこそ、この「食事」「排泄」「入浴」の

3つの基本を大事にしているかどうかが施設の

ケアの質を表しているといえます。

 

さて、それでは「食事」「排泄」「入浴」について

個別に検討してまいりましょう。

 

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

●食事ー食べる楽しみを大事にしているか?

食事
食事 / kawamura shin

 

介護施設で提供される食事は、

高齢者に必要なカロリーや栄養素を考えて

献立を作成しています。

 

多くの介護施設では、

塩分・カロリー制限のある人には、

減塩・低カロリー食を用意しています。

 

かむ力や飲み込む力が落ちた高齢者には

柔らかくトロミのあるメニューを提供するという

個別の対応を行っています。

 

こうした栄養面・食べやすさと合わせて大事なのは

「おいしさ」です。

 

毎日のことですから、栄養が十分な食事でも

美味しくなければ楽しみも半減してしまいますね。

 

人が生きている限り最後まで残る本能は

「食欲」だといわれています。

 

足腰が弱り、出来る動作が少なくなっていく

高齢者にとっては「おいしい食事」は生活のうえで

貴重な楽しみなのです。

 

ここでいう「おいしい食事」というのは

豪華な食材を使った食事をいっているのでは

ありません。

 

一般的な介護施設では、

外部の給食業者が作った食事をだすケースが

多くなっていますが、

なるべく施設内で調理した食事が望ましいと

思います。

 

土地ごとのなじみがある食材を使うとか、

温かい食べ物をを提供するとか、

 

施設ごとに提供できるサービスは

異なってきますが、

入所者がすこしでも満足できるよう努力して

いるのかが大事ですね。

スポンサーリンク



 

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

●排泄ー安易にオムツを使用してないか

toilet
toilet / machu.

 

高齢者になって要介護になったら、

オムツはやむを得ないと

思っているかもしれません。

 

しかし、オムツは本来、意識がない人や

下半身まひなどで、トイレで排泄ができない人が

使うものです。

 

それ以外では、要介護であっても、

適切なケアでオムツを使わずにトイレで

排泄できる人は沢山います。

 

排泄ケアに力を入れている施設では、

「排泄表」のような記録をつけて

高齢者の排泄リズムを把握して

適切なタイミングでトイレに誘導する。

 

こういうケアを持続することによって、

衰えかけていた排泄の感覚がはっきりしてきます。

 

すると、より早く尿意・便意に気づけるようになり

排泄の失敗が少なくなるという好循環に

なってくるわけです。

 

排泄ひとつをとっても具体的にどのようなケアを

しているか、よく確認することが大事です。

 

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

●入浴ー身体の状態にあった快適な入浴ができるか

バスタブ
バスタブ / つんつん

入浴の目的は、

身体を清潔に保つことだけではありません。

 

気分がさっぱりするリフレッシュ効果や、

緊張や疲労を和らげる、リラックス効果があり

心の健康にも大きな役割を果たしています。

 

入浴に関して確認しておきたいことは、

要介護度が高くなったときにも今までどうりに

入浴が可能か否かです。

 

介護保険施設では、

座位が保てない人には寝た姿勢・座ったままの

状態で入浴できる特殊浴槽などもあり、

身体状況に応じて利用できるので安心です。

 

しかし、有料老人ホームの場合は、

こうした設備を持っている施設とそうでない施設が

あるので必ず確認しましょう。

 

またやむを得ず設備が無い施設を利用する場合は、

どのような対応になるのか確認しておきましょう。

 

介護施設の良し悪しは基本である食事・排泄・入浴介助の三大要素で判断

●まとめ

母親を受け入れてくれる介護施設を探す為に

色々と参考書やネット情報を調べた内容です。

 

実際には、早急に受け入れてくれる施設を

探すのに精一杯でじっくりと選択したわけ

ではありません。

 

しかし幸いにも入所した老健センターは、

まずまず満足度が高い施設でした。

 

これから身内の方が介護施設に入られる

予定があるのなら、

早い目に見学や勉強をされることをお勧めします。

 

介護する側、介護される側がともに満足するために。

 

スポンサーリンク



Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です