おっさんの役立つ独り言

世の中の役に立つ情報をおっさんの視点でお届けするサイト

おっさんの役立つ独り言
Pocket

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

2018年06月05日 [ 熱中症、症状、予防、対策、高齢者、 ]
Pocket

暑いですね~

熱中症が怖い季節到来です。

特に高齢者には命とりになりますから

注意が必要です。

熱中症の予防・対策について考えましょう。

ところで熱中症ってよく聞きますけど

どんなものか正確に答えられます?

 

「熱中症」とは高温多湿の環境下で起こる

健康障害の総称です。

 

ちょっと固い表現ですが、

暑い環境に身体が適応できなくなって

変調をきたした状態といったところでしょうか。

 

では具体的に熱中症について

次の順番で見ていきましょう。

 

●熱中症の症状ってどんなものがあるか

症状が出たときの対処方法!

熱中症の予防・対策!

高齢者ならではの気をつけること

 

 

スポンサーリンク



 

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

熱中症の症状ってどんなものがあるか?

 

●めまい・ほてり・立ち眩み

●失神

●頭痛やはきけ

●筋肉痛・筋肉の硬直

●大量に汗をかく・体温の上昇

●倦怠感・虚脱感

●自力で水分補給が出来ない

 

 

以上の症状がでたらまず間違いなく

熱中症です。

 

速やかに対処しましょう。

遅れると命に係わることもある熱中症です。

 

大丈夫だろうと安易に考えていると

大変なことになります。

 

スポンサーリンク



 

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

症状が出たときの対処方法!

 

●意識があるか確認しましょう。

 

意識がなかったり返事がおかしかったら

猶予はありません。

即時、救急搬送してもらいましょう。

 

 

●意識がある場合

 

涼しい場所へ移動し

服を脱がして熱を発散させる。

 

冷感シップや冷えたペットボトルで

脇の下や首回りを冷やすのが効果的。

(太い血管に近い箇所を冷やして

冷えた血液を循環させる)

 

水を自力で飲めるか確かめる。

 

 

●水分を自力で飲めない場合

 

救急搬送してもらう。

 

 

●水分を自力で飲める場合

 

 

塩分・水分を補給したら回復するか?

回復しなければ救急搬送する。

 

救急車が到着するまでの間も

身体を冷やす努力をする。

適切な処置で回復も早くなるが、

怠ると症状が重くなるので注意しましょう。

救急車が来た。あんまり大丈夫じゃなかったみたい。
救急車が来た。あんまり大丈夫じゃなかったみたい。 / zenjiro

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

熱中症の予防・対策!

 

若者・高齢者にかかわらず心がけましょう。

 

●室内と屋外での熱中症にかかる比率は?

 

炎天下でスポーツしたり歩いたりすれば

熱中症にかかりやすいのは容易に

想像できますよね。

 

しかし、室内で熱中症になる人も

想像以上に多いです。

 

室内での熱中症に罹患する割合は全体の

40%に上ります。

 

女性だけだと50%、

65歳以上の高齢者だと

実に60%もの人が室内で熱中症に

掛かってます。

 

●室内で熱中症にかからない為に
予防対策はどうする?

 

■こまめに水分補給する

■特にのどが渇かなくても麦茶や水を飲む

■涼しい服装をする

■部屋の気温を測る

暑くないと思っていても温度計をみたら

メチャクチャ暑くなっていたなんてこと

ありますから注意しましょう

■部屋の風通しを良くする

■エアコンを適切に利用する

扇風機・除湿器の併用で効果増加

■すだれやカーテンで陽射しを遮る

 

 

●屋外で熱中症にかからないようにする
予防対策はどんなものがある

 

■日向を歩かない・日傘をさす・帽子をかぶる

■冷たい飲み物を持ち歩きこまめに飲む

■スーパーやコンビニなど涼しい場所を活用する

■不要不急の外出は控える

■緊急時の連絡先を携帯する

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

高齢者ならではの気をつけること

 

●高齢書ならではの注意点?

 

■温度に対する感覚が鈍い

■身体の調整機能が低下している

■頑固である、これぐらいと無理をする傾向がある

■老化によって体内の水分が不足している

 

ダメージがあっても感覚が鈍っているので

自分では気が付かない傾向があります。

周りの人間が注意して見守る必要があります。

 

 

熱中症の症状って?これが出たらヤバイ!高齢者を熱中症から守るには

まとめ

 

じめじめした梅雨

暑い季節がやって来ました。

 

若い年令の者でも熱中症にかかるのに

抵抗力の低いぶん高齢者は危険度が高いです。

 

高齢者を熱中症から守るには

周りの人々が注意をはらう必要があります。

 

6~9月は特に環境をととのえ

元気に暑い夏を乗り切りましょう。

 

なお、上記熱中症の症状・対策については

「環境省 熱中症予防 声かけプロジェクト」

に準処しております。

スポンサーリンク



Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です