おっさんの役立つ独り言

世の中の役に立つ情報をおっさんの視点でお届けするサイト

おっさんの役立つ独り言
Pocket

愛犬に長生きしてもらうには?あなたが知っておくべき6の常識!

2018年06月19日 [ 愛犬、長生き、老犬、健康 ]
Pocket

生活を共にしてきた愛犬。

 

初めて我が家の一員になった日を思い出す。

何とも愛らしいしぐさに癒されました。

 

辛い時にグチを聞いてくれた愛しき愛犬

迷惑だったろうな。

 

運動不足の飼い主と一緒に散歩してくれて

ありがとう。おかげで健康になれた。

 

月日を共に重ねた愛犬もはや老年期になる。

 

最近は排泄も煩雑になり老いを感じさせます。

 

少しでも健康で長生きして欲しいが、

どのようにすれば最善か考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

愛犬に長生きしてもらうには?あなたが知っておくべき6の常識!

健康で長生きする条件

 

健康的な食事を与える

 

人間と同じ食事を与えない!

 

現代ではあまりないでしょうが、

昔はご飯に味噌汁をかけるなど人間と同じ食事を

与えるのが一般的でした。

 

けれど、人間と犬とは必要な栄養素が異なります。

 

専用のドックフードを適切な量与えるのが

望ましいですね。

 

年令によって必要な栄養素も変わりますから

老年期には老年期用のドックフードを

用意しましょう。

それから肥満には充分注意しましょう。

肥満は万病の元と言われますが、

これは人間も犬も同じですね。

 

肥満になれば、足腰に負担がかかり

悪くすれば疲労骨折して満足に歩けなく

なります。

 

また心疾患や内臓疾患の原因にも

なりますので肥満にはきを付けましょうね。

 

人間の食事と同じく腹八分目がいいですね。

 

 

口腔ケアを行う

 

歯の健康は人間と同じくらい大切です。

 

歯垢を放置すると歯槽膿漏で健康を

著しく損ないます。

 

歯が抜けたらといって

人間のように入れ歯を入れるわけにいきません。

 

こまめに歯磨きを行いましょう。

 

 

トリミング・シャンプー

 

犬種にもよりますが

一月に一度はトリミングをした方がよいですね。

シャンプーは月一度を目安にしましょう。

 

あまり煩雑にトリミングやシャンプーを行うと

ストレスがたまり抵抗力が低下します。

 

何事もほどほどにが大事ですね。

 

スポンサーリンク

 

適度な運動

 

 

毎日の散歩してますか。

健康維持には欠かせない習慣ですね。

 

どれくらいの時間を散歩にあててますか?

 

これは体の大きさによって適切な時間が違います。

小型犬だと10~20分、

大型犬ですと一時間程度が目安になります。

 

散歩はストレスの軽減になりますから

寿命にも密接な関係がありますので

十分な時間をとってくださいね。

 

スキンシップ

 

普段の生活のなかで出来るだけ

スキンシップを図りましょう。

 

人間でも同じですね。

同じ家に住んでいても知らんぷりでは

ストレスがかかって体調不良になりませんか?

 

犬でも同じですよ。

 

毎日話しかけたりマッサージしたりして

ストレスをためないようにしましょう。

 

 

害虫の駆除

 

ノミは人間でもかまれると辛いですね。

アレルギー皮膚炎になったり

貧血などの原因になります。

 

犬も同じですよ。

身体を掻いていたら疑ってみましょう。

 

毛の中に潜り込んでいて表面からはチョット

判らないかもしれませんが、

犬用のクシで梳いてみてください。

 

ノミが見つかったら駆除剤で始末しましょう。

 

蚊によるフィラリア症

蚊は厄介ですね。

 

夏になると必ず出てきて身体のあちこちを

刺しまくります。人間にとっても厄介者です。

 

人間にとっては痒いだけで済みますが

犬にとっては命とりになります。

 

蚊が媒介して感染する寄生虫(フィラリア)

によって引き起こされる疾患をフィラリア症

と言います。

 

犬の心臓や肺動脈に寄生することで

血管が詰まり死に至る病気です。

 

寄生してすぐに症状が出るわけでないので

感染に気が付かないことが往々にして

有りますが、突然発症して死に至る怖い

病気です。

 

毎年定期的に動物病院で予防接種を

受けるのが間違いないです。

 

管理者も以前飼っていたシェルティーを

フィラリア症で亡くしたことがあります。

 

季節が冬だったもので、まさかフィラリア

とは思いませんでした。後悔先に立たずです。

苦い思い出です。

 

愛犬に長生きしてもらうには?あなたが知っておくべき6の常識!

まとめ

 

人間と犬とは人生にかけがえのない友です。

 

いつまでも生きていて欲しいと思っても

ふつうは人間より先に寿命が尽きます。

 

自然の摂理ですからどうしようもありません。

 

共に生活している間は悔いのないように

密度の高い関係を続けたいですね。

 

飼い主が高齢者や病気になりペットの世話が

出来なくなった時はどうしたらいいのか?

「ペット信託」や「老犬・老犬ホーム」の

記事を書いています。ご一読ください。

愛犬の高齢化とともに飼い主も老いてゆく=老犬ホームという選択肢

 

スポンサーリンク



 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です