おっさんの役立つ独り言

世の中の役に立つ情報をおっさんの視点でお届けするサイト

おっさんの役立つ独り言
Pocket

大事な家族は自分で守る!突っ張り棒を使ってしっかり地震対策!

2018年07月21日 [ 突っ張り棒、地震、対策 ]
Pocket

大阪北部地震の記憶もまだ新しいところです。

 

幸いこの地震では大きな被害も少なかったですが、

不幸なことにタンスや本棚の下敷きになって

お亡くなりになった方もおられます。

 

もしタンスや本棚を固定されていれば

不幸は防げたのではと思ってしまいます。

 

大事が起こった時には、対策を実行しようと

しますが、時がたてば

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の

コトワザのごとく忘れ去ってしまいうのが

人間の性でしょうか。

 

どうも人間に自分に都合よく考えるようで

不幸は自分には起こらないと思いがちです。

 

しかし、災害は忘れたころにやってきます。

いつ災害が起こっても対処できるように

すべきでしょう。

スポンサーリンク

 

大事な家族は自分で守る!突っ張り棒を使ってしっかり地震対策!

そもそも突っ張り棒は地震に効果があるの?

地震対策に家具の固定は有効であるが、

もっともポピュラーな固定器具である

「突っ張り棒」ははたして効果があるのか

考察してみましょう。

 

「突っ張り棒」の一番のメリットといえば

家具や天井を傷つけないことですね。

 

傷つけないことは最大のメリットですが、

地震に効果がなければ取り付ける意味が

ありません。

 

問題点は「突っ張り棒」は点で支える構造だと

いうことです。

 

天井・家具とも強度が弱いと「突っ張り棒」が

貫通してしまいますので設置場所を選びます。

 

身も蓋もありませんが、結論としてがっちりした

固定金具で家具を固定するのが一番ですが、

 

賃貸マンションとか持ち家でも固定できない

場所である場合は「突っ張り棒」で対処

するしかありません。

 

接地面がなるべく大きな面積の「突っ張り棒」を

選ぶことが重要です。

スポンサーリンク

 

大事な家族は自分で守る!突っ張り棒を使ってしっかり地震対策!

突っ張り棒はどれでもいいわけじゃない!?地震に適したおすすめを紹介!

 

地震に対応した「突っ張り棒」を選ぶ

 

基準

家具・天井の接地面積が広いものを選ぶ

鋼鉄製の強度が高い商品を選ぶ

地震対策用と表示している商品を選ぶ

 

このような商品ですね

 

 

設置の注意点

家具の後ろ端に設置する

 

家具の天板と同じ大きさの板を

補強板として家具との間に挟むことで

「突っ張り棒」だけより強度が増す

 

番外として

家具と天井の間に「耐震収納上置」を設置する

 

このような商品ですね

 

 

サイズがいろいろ揃っていますので

検討する価値は有ります。

 

「突っ張り棒」より安定性に優れていますし

収納もできますので一石二鳥でしょうか。

 

大事な家族は自分で守る!突っ張り棒を使ってしっかり地震対策!

まとめ

 

「備えあれば患いなし」です。

天災は突然やってきます。

 

南海トラフ地震もいつ起こっても

不思議ではありません。

 

後悔しないように今から備えましょう。

 




Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です