おっさんの役立つ独り言

世の中の役に立つ情報をおっさんの視点でお届けするサイト

おっさんの役立つ独り言
Pocket

ルーブル彫刻美術館(三重県津市)へ行ってきました

2019年11月07日
Pocket

10/20 テレビ朝日の番組「ナニコレ珍百景」を

観ていたら、「ルーブル彫刻美術館」が

紹介されていました。

フランスの「ルーブル美術館」の姉妹館だなんて

何だか凄いなって観ていたんですね。

 

「ルーブル美術館」の彫刻作品を原型から

カタドリして、本家と全く同じ複製彫刻を

作るんですね。

 

写真とか採寸して複製を造る

「なんちゃって彫刻作品」ではなくて

現物をカタドリして造るんですから

本物の作品と同じクオリティなんでしょう。

スポンサーリンク

 

ルーブル彫刻美術館(三重県津市)へ行ってきました

「ルーブル彫刻美術館」の場所はどこ?

 

「ルーブル彫刻美術館」の場所がどこか調べたら

自宅から自動車で2時間程度だったので

休日を利用していくことに決定。

 

住所●  三重県津市白山町(近鉄榊原温泉口駅前)

開館時間●9:30~17:00

料金●  大人1500円(高校生以上)

60以上、学生、障がい者1000円

小中学生800円

 

けれど土地感が全くないところなので

カーナビを頼りに行きましたが、

カーナビあるあるでトンデモない道を通るはめに

なりました。

 

関宿から津市に入ったところまでは問題

なかったんですが、途中から山の狭い道に進入。

これで本当にあっているの?

と疑問に思いながらもそのまま進み、

何とか無事に「ルーブル彫刻美術館」に到着。

 

まあ最短距離なんでしょうが、もっと広い道路を

案内しろよとカーナビに文句をブツブツ(苦笑)

 

山中というほどではなくて、周りには人家も多い

しいて言えば山際に位置しています。

 

美術館の入り口正面から

近鉄大阪線の榊原温泉口駅が見えます。

もっとも温泉はこの近くではありませんけどね。

 

ルーブル彫刻美術館(三重県津市)へ行ってきました

「ルーブル彫刻美術館」の外観

入口には「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」

の巨大な彫像がお出迎え。

 

入口の裏手にある美術館の玄関側にも

「ミロのビーナス」「サモトラケのニケ」

「自由の女神」や「スフインクス」の彫像が

あります。なかなか迫力ありますよ。

 

ガレージをはさんで反対側には

美術館の運営元の真言宗別格本山「大観音寺」が

あります。

 

 

 

ルーブル彫刻美術館(三重県津市)へ行ってきました

展示内容

 

美術館の名称どおりフランス・パリ

「ルーブル美術館」所蔵の有名な彫像の復刻作品が

約1300点展示されています。

 

ミロのビーナス・サモトラケのニケ・自由の女神像

ガビエスのダイアナ・ハムラビ法典碑をはじめ

ルーブル美術館の至宝が目白押しですね。

 

もっとも「ルーブル美術館」所蔵品だけではなく

ベルリン美術館やロダン美術館・ローマ国立博物館

など各地の所蔵作品も展示されています。

 

●詳しくは下に掲載の動画をご覧ください

ちなみに撮影は許可されております。

大多数の美術館・博物館では撮影禁止が普通

ですが、こちらの美術館では広報のツールと

して活用されているようです。

 

SNSなんかで発信すれば、1000円相当の

商品を進呈と案内がありましたね。

私はしていないですけど(笑)

↧↧↧↧

 

※展示されています作品で中央の仏像および

両脇の仏菩薩像はルーブル美術館所蔵品には

ありません。

 

運営元の大観音寺の所蔵品です。

世界一の十一面千手大観音と案内があります。

 

ルーブル彫刻美術館(三重県津市)へ行ってきました

まとめ

 

ルーブル美術館自らがオリジナル作品から

かたどりして制作した複製彫像ですから、

本物と寸分違わない作品なわけです。

 

ルーブル美術館まで行ける人はまれでしょう。

しかし日本国内でルーブル美術館と同じ作品を

鑑賞できるなんて素晴らしいです。

 

多くの人に鑑賞してほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

Pocket


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です